植物を育てる

育て方のコツの一つ!時期をチェックしてブルーベリーを植えよう

植え付けと時期

植物

タイミングを見計らう

ブルーベリーを植え付ける絶好のタイミングは、関東地方の場合東方面なら3月、関東地方より西の地域だと10月から11月ごろが適切な時期だといわれています。そのため、なるべく1月や2月は避けて、根や芽の生長が止まってから始めるか休眠期の初期に苗を植え付けていきましょう。

苗の上手な選び方

鉢の中で根がびっしり張っているものが良いです。根本の方から新しい枝が生えているものだと育て方を間違えなければ初心者でも実をつけることができます。ただ、幼い苗のまま植え付けをすると雑草に負ける恐れがあるので定期的に雑草を取り除く事が重要でしょう。一年ほど鉢の中で大きく育てた後に植え替えをすると、枯れる心配はありません。

地植えをする

ブルーベリーの苗を直接地植え付けする時は、予め土を酸性にしておく必要があります。土の深さは直径80㎝、深さ30㎝が理想で根が横に広がって伸びるよう苗を植えてください。また、根本の土は中心まで寄せてあげて乾燥を避けるためにわらやもみがらを敷いていきます。

鉢植えの場合

地植えと違って鉢植えで育てる場合は、苗より一回り大きい鉢を用意して、鉢の底に石を敷いていきます。そして、三分の一の土を入れた後に苗を取り出し、鉢の中心にセットします。この時、隙間を作らないよう苗の周辺をしっかり埋めてください。最後に水やりをすれば終わりです。

生長に必要な肥料

ブルーベリーの実をつけるにはカリやリン酸、窒素の三つが必要です。それぞれの成分を含んだ緩行化成肥料を土の中に混ぜても良いですし、土の上に被せる程度でも大丈夫です。カリは根の生長を促すので休眠期から目覚めた2月ごろに活用するのが望ましいです。リン酸は、果実を大きくするもので、3月から4月に一度与えると良いでしょう。そして窒素は、8月の下旬に一度与えると葉と枝の生長を助けてくれます。

広告募集中